インプラント治療への不安~Q&A~その1



皆様はインプラント治療について、どのような印象をお持ちですか?また、どんなことを思い浮かべますか?

多くの方は、不安や怖いイメージを思い浮かべるのではないかと思います。実際、インプラント治療をしている患者様からは「身内や友人から、『怖くなかった?大丈夫なの?』とよく聞かれる。」というお声をいただいています。

本日は、インプラントと聞くとどうしても怖いイメージが思い浮かんでしまう方々の不安にお答えしていきたいと思います。

インプラント治療に対して、患者様方からは『漠然とした感じの不安・怖い』というお声を聞くことが多いです。恐らくこちらは治療に対するイメージや理解があまり追いついていないまま、外科手術も要する大きな治療になるという印象が先立っているケースが多いのではないかと思います。

1.痛みはどんな感じなのか

「手術後腫れたりして痛そう。」「手術中痛くないの?」

2.費用はどれぐらいかかるのか

「インプラントって高いのよね。」「そんな大金一気に用意できないよ」

3.リスクが怖い

「リスクはあるのかな?」「失敗したらどうしよう。」

4.手術ってどんなことをするのか

「口になかに異物が入るのが怖い。」

5.調べてもよくわからない

「調べ方がわからない。」「難しいし理解ができない。」「不安」

治療に対する不安はおそらく、大きく上記の5つに分類できるかと思います。

こちらについて、数回にわけて詳しくお答えしていきます。


本日は1番へのお答えです。


1.痛みについて

手術中は麻酔をするため、痛みはほとんど出ません。どうしても痛みが苦手で怖く感じる方には、眠ったような状態で受けられる静脈内鎮静法という方法がございます。

お口の状態により手術方法が異なるため、術後に患部が腫れたり、切ったところが痛くなったりしますが、術後の痛みに関しては大抵鎮痛剤で抑えられる程度です。骨の量が足りず、骨造成を行う場合は大きく腫れる可能性がございますので、困る日程を避けて日にちを決めることをお勧めいたします。

このように、お痛みを緩和させた状態で治療を行う方法もございますのでお痛みが心配な場合もお気軽にご相談ください。


※静脈内鎮静法とは:静脈内に抗不安薬などを投与する事で意識がありながらリラックスした状態で治療を行う事ができます。また、患者さんが自分自身で呼吸を行う事(自発呼吸)を止めませんのでご自身で呼吸しております。全身麻酔よりもお身体への負担が少なく、治療時間も1~2時間ほどなので日帰りで行えます。

それでは次回、2番以降についてお答えしていきます。

最後に

インプラント治療は治療後も定期的なメンテナンスにより、いい状態を保っていただくことが大切です。

より良い状態を保っていただくために当院ではカウンセリングをお受けいただき、患者様に合った治療方法をご提案させていただいております。

治療やメンテナンスについてご心配をお持ちの方はお気軽にご相談ください。