銀歯以外の詰め物や被せ物って何があるの?〜自費診療編〜

前回は銀歯以外の詰め物や被せ物の種類として、【保険診療で治療できるもの】を紹介しました。今回は【自由診療で治療できるもの】についてご紹介します。


自由診療で選択出来る詰め物や被せ物とは?

皆さんはセラミックという言葉を聞いたことがありますか?

セラミックと聞いてどんな物をイメージしますか?

多くの方が陶磁器やがいし、衛生陶器などの焼き物を思い浮かべるかもしれません。


セラミックは私たちの生活を支える重要な役割を担っています。

非金属元素からなる材料と金属元素と非金属元素を組み合わせた無機化合物材料のことをセラミックと呼びます。

一般的に、鉄やアルミなどの金属、プラスチックやナイロンなどの有機物を除いた身の回りにある材料の全てがセラミックと言われています。


歯科治療でもセラミックが取り入れられていることをご存じですか?

歯科では虫歯治療の時の詰め物や被せ物として、セラミックが使われています。

歯科でのセラミック治療は『美しさ』『丈夫さ』『歯との親和性の高さ』があり、精巧に作られたものは天然歯と並べても違和感がないくらい自然な治療が可能です。

しかし、セラミックにもメリット・デメリットが存在するため、それぞれご紹介していきます。

セラミックのメリット

前回紹介したコンポジットレジンと比較しても、セラミックは着色や変色などの劣化が起こりにくい素材のため、将来的に虫歯が再発したり再治療になるリスクも抑えられます。

そのため長期に渡って歯はもちろん、詰め物や被せ物の長持ちにも適している素材です。

また、天然歯に近いキレイな見た目のため審美性の面から矯正目的などでセラミックを選択される方も増えています。口腔内での親和性も高く、金属アレルギーをお持ちの方にも安心して選択して頂けることもセラミックのメリットです。


セラミックのデメリット

セラミックは自由診療のため、保険診療と比べて治療費が高くなりやすいです。歯科医院によっても取り扱っているセラミックの種類は異なります。そのため、選択する医院によっては必ず同じ価格の種類が存在するわけではありません。

また、歯ぎしりや食いしばりの症状がある場合、セラミックの種類によっては割れてしまうことも考えられます。

歯の見た目の改善として形を整えるセラミック治療を行う場合は、天然歯をある程度削る必要があることもデメリットです。

このようにセラミックは自由診療で費用が比較的高くはなりますが、劣化が起こりにくい素材のため歯の長持ちには繋がりやすいものです。お口の状態によっては全ての方に適しているとは言えないかもしれませんが、審美性や歯の長持ちを優先したいとお考えの方にはおススメです。

当院でも、種類豊富な自由診療をご案内しております。

ご興味ございましたら、下記からご覧ください。

自費治療料金表