小児歯科

CHILD

小児歯科

当然お子様によってペースが様々ですので、診療室に入るまでできる子、自分から椅子に座れる子、最初から口を開けて治療を受けようとする子、いろいろな子がいて当然であると思っています。虫歯が治ることも重要ですが、永久歯に生え変わるまでの間に虫歯になりにくい環境を作るお手伝いをしてあげることが一番の目標になります。そのためにもお口を育てるためのトレーニングや食事習慣、ブラッシングの方法などのアドバイスを重要視しております。虫歯の穴をつめても虫歯がなくなるわけではありません。それよりも今回虫歯が起こった原因をきちんと理解し、生活習慣を見直すところから取り組みます。

またお口を含めた骨の成長期に行える矯正方法をご提案させていただくことも行っております。

小児歯科

大切なのは子供のペースで進めること

お子様にとっては、歯科医院に対する最初のイメージが肝心です。当院では歯科医院特有のにおいのするタイプの古い消毒薬を用いていないため「歯医者のニオイ」がしないよう配慮しています。お子様が入りやすいイメージを大事にしております。

診療室に入った後も、自分から口を開けてくれるまでこちらから無理にお口の中を見ません。本人が治療すると思うまで、無理に治療はしません。本人のペースでゆっくり慣れてもらいたい。それが、当院のお子様に対する治療の基本姿勢です。

小児歯科2

子供は何歳から通えるのか?

お子様の歯が生えてきたら、何歳からでも来ていただけます。まずはお子様の歯の磨き方をお母様にお伝えします。そして歯科医院に来ることに慣れてくれば、歯のお掃除やフッ素塗布による虫歯予防も可能になってきます。早ければ早いほどお子様にとって歯を大事にすることが習慣として身につきます。

また子供の間に自分で予防することを身につけておけば、お口のバイ菌が増えにくくなり、虫歯や歯周病になるリスクが低くなります。小さいころから自分の歯を大事にするよい習慣を当たり前の習慣として身につけられるように、保護者の方とともにお手伝いさせていただきます。

なお未就学児のお子様はお子様の機嫌が安定している午前中の受診を推奨させていただいております。