インプラントと入れ歯

現在までに何本も抜歯をしており、全てインプラント治療を行うにはコスト面の負担が大きすぎるとお悩みではありませんか?

インプラント治療そのもののコスト面の負担自体大きいものではありますが、今回は何本も治療するとなった場合にできるだけ負担を減らしつつ、お口の中のより良い状態をつくる為の治療についてご紹介いたします。


インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、取り外し可能な入れ歯をインプラントで固定する治療法です。

こちらは、インプラントで固定することにより入れ歯で生じるズレたり外れやすかったり等の問題を解決することが可能となります。

安定性が高くなることで、しっかりと噛めるようになりトラブルを大幅に軽減できます。また、部分入れ歯から総入れ歯まで幅広く対応が可能となっているため、機能性がとても高く注目されている治療法となっております。


メリット

しっかりと固定することで、一般的に入れ歯を使用した際に起こる問題を解決することが出来る。

全歯をインプラントにするよりもコスト面での負担を減らせる。


デメリット

保険外治療となるため、入れ歯よりもコストが高くなる。

残存歯に被せる場合、虫歯のリスクが高くなる。

インプラントと部分入れ歯の併用

インプラントを入れ歯の支えの歯とすることで、一般的に入れ歯をした場合に生じる

  • 固いものが噛みにくい

  • 痛みが生じてしまう

  • 入れ歯が動いてしまう

  • 支えにしていた歯が衰えていく

等の問題の解決をすることが可能な治療法です。

しかしインプラントは横揺れに弱く、バネの引っかけのようなものでは強く負担をかけてしまいます。その為このような治療を行う際は、入れ歯・インプラント共に必要以上に力をかけないようにしていただく必要がございます。


メリット

コストの削減が可能となる。


デメリット

インプラントへの負担が大きくなるため、日常から気をつけていただく必要がある。

また、入れ歯に比べインプラントの方が噛み合わせが強い為、入れ歯の方が早くすり減り交換時期が早まる可能性がある。


※こちらの治療法を行う際は、インプラント・入れ歯・天然歯が口の中に混在する状態になる為、担当の医師とよくご相談ください。また、口腔内のバランスを保っていただくことが難しい為、定期的なメンテナンスを必ずお受けいただくことを推奨いたします。

最後に

インプラント治療は治療後も定期的なメンテナンスにより、いい状態を保って頂くことが大切です。

より良い状態を保っていただくために当院ではカウンセリングをお受けいただき、患者様に合った治療方法をご提案させていただいております。治療やメンテナンスについてご心配をお持ちの方はお気軽にご相談ください。