インプラントによる金属アレルギー



今回はインプラント治療における金属アレルギーへの影響についてご紹介いたします。

まず、インプラント治療では、金属を顎の骨の中に埋入します。その際、「金属アレルギーは大丈夫なのか」とご心配になる方もいらっしゃるかもしれません。


率直に申し上げますと、金属アレルギーをお持ちだからといってインプラント治療を受けられないわけではありません。ほとんどの方は、金属アレルギーをお持ちでも治療が可能です。

しかし、必ずしもアレルギーを引き起こさないとは言えないのがインプラント治療の現状です。



インプラント治療に用いられる金属とは?

インプラント治療では、チタン合金を主成分とする人工歯根を使用しています。

チタンは、人体に非常になじみやすいという特性を持っており、安全性の高い金属といえます。金属の中でも金属アレルギーの症状が出にくいとされており、人工関節やペースメーカーなど、さまざまな治療でも使われている金属です。

そのため、多くのケースでは金属アレルギーの方にも安心して治療を受けていただくことができます。



インプラントによるアレルギーの症状

多くの場合、金属アレルギーをお持ちの方でもインプラント治療を受けることはできますが、人によってはインプラントが原因でアレルギー症状が出る場合がございます。

その際の症状としては、

  • 炎症となり赤く腫れてしまう

  • 全身や顔面の湿疹

  • 口唇炎

  • 口内炎等

などが挙げられます。症状には個人差がございますが、痛みや痒みを感じた場合はアレルギーの可能性があるかもしれません。その際はすぐに歯科医院にご相談ください。



インプラントでアレルギー症状が出た場合

インプラントでアレルギー症状が出た場合、インプラントを撤去する必要があります。その際、チタンが原因であるかお調べするためにパッチテストなどの検査を受けていただきます。

以上のことから、「インプラント治療を考えているけれど、金属アレルギーが心配…」という方がいらっしゃいましたら、安心して治療を受けていただくために、治療前にチタンアレルギーを持っているかどうか、お調べいただくことを推奨いたします。



最後に

インプラント治療は治療後も定期的なメンテナンスにより、いい状態を保っていただくことが大切です。

よりよい状態を保っていただくために、当院ではカウンセリングを受けていただき、患者様に合った治療方法をご提案させていただいております。

治療やメンテナンスについてご心配をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。