マイナス1歳

年齢別 受診ポイント 〜マイナス1歳〜

妊婦

いきなりマイナスと聞いて不思議に思われたかも知れませんが、実は出産前のお母さんに対しての歯科治療です。最近ではマタニティ歯科などと呼ばれる場合もあります。 近年の研究で歯周病と早産に関するリスクが非常に強く、母子手帳などにも記載されている自治体が増えてきています。ゆえに妊娠を望まれておられるカップルの方には、ぜひ妊娠前の歯科への受診、歯科治療がおすすめです。お母様になられる女性だけでなく、お父様になられる男性もご一緒に検診、治療をしてください。歯周病は感染する病気ですのでお母様だけがきれいにされていても、パートナーからの再感染やお子様への感染はすぐに起こってしまいます。 妊娠中は免疫力が低下しますので、今まで痛みがなかった親知らずの周りの歯ぐきが痛くなったり、若いときに根の治療をした歯が痛くなる妊婦の患者様が結構いらっしゃいます。その際にお薬を飲んでいただいたり、レントゲンを撮る事を躊躇してしまうことがよくあります。 できれば妊娠前に受診いただければ、必要な処置の計画を安全に立案できます。なによりもご自身や産まれてくるお子さまのためにも、安心して治療を受けていただけるのではないでしょうか。

また妊娠後に歯が痛くなったり、歯ぐきが腫れた場合にも早めの受診をおすすめします。その際には必ず妊娠しているということ、妊娠して何ヶ月であるということを申し出てください。今のお母様の状態にあった治療を一緒に考えていきましょう。 具体的には妊娠安定期とされる5ヶ月から8ヶ月の間に処置をすることが一般的ですが、お口の中の状態によっては時間がかかってしまう処置が多いと妊娠後期や周産期に差し掛かってしまう恐れもありますので、出産を迎えて忙しいとは思いますが、早めの受診がおすすめです。