老後とインプラント治療の関係性



人間は歳を重ねるごとに、咀嚼能力が低下していきます。こういった口腔機能の低下による影響は、お口の中だけに留まらず全身にあります。

・噛めなければ食べられない

→食べなければ栄養の摂取が困難になる

→体重や筋肉の維持が困難になる

→寝たきりや認知症、全身疾患等のリスクが高まる

老後を元気に楽しく過ごすためには『噛むこと』がキーポイントになります。その『噛む』ためには何が必要でしょうか。もちろんご自身の歯が一番望ましいですが、もうすでにご自身の歯を失ってしまっている方もいらっしゃるかと思います。

骨に埋入することで、ご自身の歯と同じような感覚で噛むことができるインプラント治療は、老後を健康に過ごして頂くための準備にも繋がるのです。

本日は、そんな老後とインプラントの関係性についてよくいただくご質問をご紹介いたします。

年齢制限や年齢によるリスクはあるの?

年齢制限については、条件を満たしていれば何歳になってもお受け頂くことが可能です。具体的な条件については、

  • 持病や服用薬について(糖尿病・高血圧・心疾患・骨粗しょう症の方は要相談となります)

  • 喫煙者でないこと

  • 骨量と骨質が基準を満たしていること

このようなものが挙げられます。

高齢者の方は免疫が弱く、傷が治りにくくなっている場合や、細菌感染を起こす場合があります。そうなるとインプラントが骨としっかり結合する可能性が低くなります。また、インプラント治療は外科手術を要するため莫大な体力を消費します。年齢制限はありませんが、お身体の状態に合わせてご相談いただく必要がございます。

要介護になった時の管理については?

インブラントは治療後、必ず定期的なメンテナンスを受けて頂かなければなりません。メンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎という歯周病のような病気になる可能性が非常に高くなります。寝たきりの状態になった場合、訪問診療を行っている歯科にご相談いただくことを推奨いたします。当院でも訪問診療を行っているため、お困りの方はお気軽にご相談ください。

このようにインプラント治療には、条件やリスクがあり治療後も定期的にメンテナンスが必要になります。自然な噛み心地や美しい審美性から、老後もおいしいものを食べて自信をもって笑顔に過ごすための方法としてぜひお含みおきください。

最後に

患者様それぞれのご要望や状態によって、必要または可能な治療は異なります。そのため、当院では患者様のニーズに沿ったご案内ができるよう、検査を行いカウンセラーとお話していただきます。

また、お口の中のいい状態を保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスのご希望も受け付けておりますので、もしお口のことで悩みごとがありましたらお気軽にご相談くださいませ。