4歳から5歳

年齢別 受診ポイント

幼児

この時期からは当院では、「一人で治療用のチェアまで移動し、治療を受ける」という母子分離のスタイルで治療を行っております。お子さまを一人にされることを不安に思われるお父さまお母さまもいらっしゃるかと思いますが、保護者の方がそばにいることで甘えてしまい治療がスムーズに進まず、結果虫歯がひどくなることも珍しくありません。

治療方針や今日の治療内容は必ず保護者の方に説明させていただきますので、一人で治療をがんばってきたことをほめてあげてください。お子さまは思っておられるよりがんばって治療を受けてこれますよ。

受け口のお子さまの矯正についてはこの時期からスタートすることがあります。通常の噛み合わせは上の前歯が外側に、下の前歯が内側にかみこむのですが、乳歯が生えてくるときに上下反対に生えているケースがあります。これも正常ではない癖、特に舌の癖によるものが大きいため、舌のトレーニングを早期に始めることが受け口の歯並びの治療で重要になります。

矯正治療についてはまずは年齢や生えている状態をしっかり把握する必要があるため、受診後、治療法や期間、料金について説明させていただきます。