40歳から50歳

年齢別 受診ポイント 〜40歳から50歳〜

40〜50歳

昔に比べて歯ぐきが下がってきたのが分かる、つまようじで歯と歯の隙間をほじるのはおじさんのすることだと思っていたけど自分もそうなってきた方いらっしゃいませんか?それはもしかしたら歯周病によるものかもしれません。

歯と歯ぐきの隙間を「歯周ポケット」と呼び、その付近に歯周病の菌が繁殖し、歯ぐきや歯を支える骨に影響を及ぼすのが歯周病です。早い方だと20歳代後半から歯周病が進行していきます。40歳以降は今まで自覚症状がなかった人が、体力や免疫力の低下とともに一気に病状が進行していく「お口の曲がり角年齢」になります。

歯周病はなかなか自覚症状も乏しく、歯科医院で指摘されてはじめてそうかもしれないと思うぐらいの症状です。ところが歯を失う原因としては、虫歯と同じ程度に深刻です。


これまでにも歯科医院で「歯周病ですね」といわれた方もいらっしゃるかと思いますが、実際に歯周病菌を見られたことはありますか?ご覧になられたことのない方はぜひ顕微鏡での検査を受けてみてください。その時点で歯周病菌の感染が確認できた場合には「お薬を用いた除菌治療」をお勧めいたします。