6歳から9歳

年齢別 受診ポイント 〜6歳から9歳〜

子供

早いお子さまであれば5歳の後半から永久歯への生えかわりが始まります。まず乳歯の生えている後ろ側から6歳臼歯と言われる永久歯、および下の真ん中前歯の乳歯が抜けて永久歯が生えてきます。

実は乳歯がそろってから、生えかわりまでの間に前の歯と歯の間に隙間ができてくる状態が正常なあごの骨の成長した結果です。6歳ぐらいの生えかわり始めの時期でも前の歯が隙間なくはえている、もしくは既にその時点で乳歯の前歯がガタガタした感じがある場合には大人になってもその前歯の歯並びがガタガタした状態であり続ける可能性が高いと考えられます。

前歯の生えかわりが始まったら、虫歯がなくても一度受診されることをおすすめします。

通常であれば生えてくるはずの大人の歯がない「永久歯の先天欠如」のケースが昔に比べて増えてきています。あごのレントゲンを撮ることで将来永久歯となるの歯のタマゴがあるかを確認し、現時点で予想される歯ならびの異常について是非検診していただくことが良いとおもわれます。